「歯周外科をマスターしよう」-フラップ手術から再生医療まで- 実習セミナー 申し込み画面

現在 当セミナーは満席の為 キャンセル待ちとなっております。
ご了承の上 お申し込みください。

 歯周病は成人で有病率は80%を超え、日々の診療においても多くみられます。
とくに進行した歯周病では歯周基本治療を行っても、深い歯周ポケットや骨欠損が残存するので、歯周外科治療が必要になります。また歯周外科治療のテクニックは補綴前処置やインプラント治療にも応用されています。ただ、どのようなケースでどのような方法を行うべきかなど臨床に応用していくためには少しハードルが高いイメージを抱く先生もいらっしゃると思います。
 そこで本実習ではフラップ手術やブタの下顎骨を用いた実習を通して、歯周外科治療の基本的なテクニック、症例選択、術式の手順について修得して頂きます。また歯周組織再生療法であるGTR法、エナメルマトリックスタンパクの応用、新薬リグロスの応用についても実習していきます。
 初心者の方や、これからの臨床に歯周外科治療を取り入れようとお考えの方、基本を見直したい方にお勧めおコースとなっております。
 BioMendとエムドゲインのサーティフィケートが授与されます。

≪講師≫ 日本大学歯学部歯科保存学第Ⅲ講座 教授 佐藤秀一先生 他
≪日時≫ 平成31年1月20日(日) 9:00~17:00 
≪会場≫ 日本大学歯学部
≪募集人数≫ 20名
≪受講料≫
①日本大学歯学部同窓会会費納入者・・・・・・・・・¥12,000
②日本大学歯学部卒後5年以内(学66~62)・・・・・¥7,000
③日本大学歯学部同窓会会費未納会員・・・・・・・・・¥25,000
④他大学卒歯科医師 a)本学在籍で卒後5年以内の方・¥12,000
         b)a以外の方・・・・・・・・・¥25,000
≪材料費≫ ¥9,000(受講料には含まれません)
 
≪タイムスケジュール 予定≫
8:50      集合
9:00~ 9:10  開会:挨拶、講師・スタッフ紹介、集合写真撮影
9:10~10:10  歯周外科治療総論(講義)
            歯周治療の流れ~いつ行うべきか~
            歯周外科治療の種類・目的~失敗しない症例選択~
            歯周外科治療の術式・ケースプレゼンテーション
10:10~10:50   歯周外科治療各論(講義)
            切開・剥離・縫合のテクニック
10:50~11:00   休憩
11:00~12:20   ブタ下顎骨による実習:フラップ手術

12:20~13:20   昼食 ;こちらでご用意いたします。

13:20~13:40   販社説明(ストローマン、白鵬社、ワシエス)
13:40~14:40   ブタ下顎骨による実習:GTR・エナメルマトリックスタンパク質・リグロスを応用した手術法
14:40~14:50   休憩
14:50~15:40   ブタ下顎骨による実習:遊離歯肉移植術
15:40~16:00   片付け
16:00~16:40   今後の歯周治療の展望(講義)
16:40~17:00   質疑応答とディプロマ授与 感謝状贈呈
17:00       閉会

氏名(必須) 姓: 名:
例:日大 歯太郎
氏名(半角英字) 姓: 名:
例:NICHIDAI HATAROU
性別 男性 女性
連絡先(必須) 自宅 診療所
E-MAIL(例:abc@abc.ne.jp)
郵便番号(半角数字 例:1234567)
住所
TEL(半角数字 例:0312345678)
FAX(半角数字 例:0312345679)
出身大学(必須)
卒業年
会費区分
勤務先名称 (例:○○歯科、○○大学院)
平成30年12月21日までは早期割引として上記より2000円割り引きます